レンゲショウマの高尾山
- 2017/08/10(Thu) -

01170810 (99) bb

2017年8月10日、高尾山へレンゲショウマを見に行ってきました。 本当は、北アルプスへ行く予定でしたが、台風の為、予約していたバスが中止になり、そのあとも天候が余り、良くなく、天気が悪くても楽しめそうな、高尾山へ行くことにしました。
レンゲショウマは、御岳山が有名で、何年前かに行ったことがあるので、今回は、アクセスの良い、高尾山にしました。
そういえば、今年は高尾山は4度目でした。
天気予報では夕方から雨だったのに、電車に乗っていると・・・雨が降り出してきたので、帰ろうかなと、ちょっと考えていると、登山の姿の人を電車で数人見かけ、こんな悪天候でも、山に行く人いるのだと思うと、引き返すわけにはいかないですね。

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村  

01170810 (4)

高尾山口に着くと、山は霧に包まれています。 
歩きながら・・・本当なら・・・北アルプスを歩いていたのに・・・でも、もっと悪天候かもしれません。

01170810 (41)

花の多そうな6号路を歩くことにしました。

ミゾソバ
01170810 (26) - コピー

ヌスビトハギ
01170810 (43)


タマアジサイ
咲き始め。  6号路はタマアジサイが大変多かったです。
01170810 (47) - コピー

1170810 (34)


ヤブミョウガ
1170810 (59)

ミズヒキ
1170810 (52)

ハグロソウ
1170810 (22)

マツカゼソウ
1170810 (64)



ヤマホトトギス

1170810 (23)

ダイコンソウ
1170810 (49)

山頂に到着です。
こんな真っ白な高尾山の山頂は初めてです。

01170810 (84)

ビジターセンターで、レンゲショウマのある場所を確認して、向かいました。

01170810 (85) - コピー

森の妖精レンゲショウマは、雨の中、数輪咲いていました。

01170810 (99) - コピー


01170810 (114)


1170810 (88)


1170810 (94)


1170810 (124)


1170810 (126)




にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | レンゲショウマの高尾山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コマクサの本白根山
- 2017/07/12(Wed) -
0170711 (197)a



2017年7月11日、コマクサが見れるという草津の本白根山へ行って来ました。 前日の天気予報では、曇りのち雨の予報で、途中ずっと曇り空、トンネルを抜けるごとに、晴れてきました。 本白根山に着いた時は、晴天でした\(^o^)/
最初の予定では、ロープウェイ山麓駅から登る予定でしたが、昼から天候が悪くなる予報だったので、車で、山頂レストハウスまで行くことにしました。

0170711 (86)


にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村  



0170711 (95)

弓池が見えてきました。


今年、初めてのツマトリソウ

0170711 (109)

少し高度が上がると・・・眺望が素晴らしいです。

0170711 (118)

ゴゼンタチバナも今年初めてです。  前回、谷川岳の時はまだ、花咲く前でした。
今頃咲いているのかも・・・・

170711 (107)

スキー場が見えて来ました。 草津スキー場には、何回かスキーをしに来たことがあるのですが、ここで滑ったかどうか・・
まったく覚えていません。
この後どこを歩くのかどうか、少し迷いました。 そう、このリフトがコマクサリフトなのです。 山を歩くのが苦手な人は、このリフトを使えるのです。 私たちは、もちろん歩きます。 登山道はリフト乗り場から入って行くと、右斜めに行く道がありました。

170711 (121)

コメツガとトウヒと書かれています。  木の名前は難しいです。

170711 (133)

ミツバオウレンもたくさん咲いていました。  今年、二度目です。

170711 (136)

登山道というより、遊歩道ですねー

170711 (146)

アカモノ

170711 (149)

ここからは・・・コマクサです。

170711 (158)



170711 (175)

ちょっと天候が怪しくなってきたのですが・・・コマクサの撮影に夢中になっていました。

170711 (162)

ここのコマクサは、少し、色が濃い感じはします。

170711 (174)

薄いピンク色のものもありました。  コマクサを撮影してばかりだと・・・先に進めません(;'∀')

170711 (201)

分岐に着くと・・・どちらに行くのでしょう?  とちょっと不安気な私たち。 左の急坂が山頂だと思って登り始めたら・・・
山頂に行ったの? と声をかけられました。 山頂はここではないですよ。  あちらが山頂です。
私たち、山頂に行かずに、本白根山を下山になりそうでした(;'∀')


分岐から山頂までは、ゆるやかな道を歩いて行きます。

170711 (208)

ここが山頂?   あまり山頂らしくない。  
170711 (222)

なぜかというと・・・・眺望は360度でなく、それと、この山頂標識がなぜか、裏を向いているのです。
170711 (228)

山頂を振り返って・・・・
なだらかな道です。

170711 (277)

下山もコマクサを眺めながら・・・・

170711 (274)


170711 (279)

次に向かうのは展望台。

170711 (296)

振り返ると、カーブした木段を上がってきました。

170711 (299)

展望所というより、ここが山頂にふさわしいと、思いました。  もしかしたら・・・山頂をここだと思ってしまう人、結構いるのでは・・・
170711 (306)

白いコマクサが咲いていましたが、ちょっと遠くて、上手に撮影出来ませんでした。

170711 (297)



170711 (308)

道の両側には、もちろんコマクサが咲いています。

170711 (318)


170711 (329)

樹林帯に入ると・・・
イワオトギリ? 花弁がなぜか6枚?  違う花かも・・・

170711 (349)

今年初めての シャクナゲ

170711 (354)

イワカガミはたくさん咲いていました。

170711 (370)

意外と下りが長くなり、次に向かうロープウェイの山頂駅に、なかなか着かず、このまま山麓駅に着いてしまうのでは?
と心配してしまいました。

170711 (377)

遠くに山頂駅らしい建物が見えて・・・ほっとしました。

170711 (384)

山頂駅から 東屋を目指して、逢ノ峰を登ります。  こんなに下ったかな?  と思えるほどでした。
木段が長く、感じられました。 実は、逢ノ峰を通らなくても、駐車場には行ける道路もあります。  

170711 (397)

丁度良く、東屋には誰もいなくて、貸し切りでランチしました。

170711 (405)

ランチのあとは、最近、解除された湯釜を見に行きました。

170711 (6)

ランチの間、ガスが出てきましたが・・・・歩く頃には、また、青空が少し、見えてきました。

170711 (12)

駐車場から20分ほどで、湯釜を見る場所に到着。
ガスが、ちょっとかかってましたが、パウダーブルーのきれいな湯釜が見れました。

170711 (19)

ガスが、出てきたところで、下りることにしました。

170711 (28)

途中で咲いていたベニバナイチヤクソウ

170711 (34)

湯釜も見て、帰ろうと思ったのですが・・・弓池の方を見ると、白いものがチラチラ・・・
あれっ?  もしかしたら、ワタスゲかも・・・・

170711 (36)

寄って見ると・・・満開のワタスゲがたくさん咲いていました。
170711 (54)


こんなにたくさんワタスゲを見たのは初めてでした。
思いがけない風景に、大満足でした。
170711 (56)



170711 (66)



170711 (71)

もう一つ思いがけないことが、ありました。
帰りに車が、ロープウェイの山麓駅の近くを通った時、ここで、以前、カモシカを見かけたことを話していたら、道路脇にカモシカがいました。
すぐ、近くだったので、目と目が合って、ドキドキしました。
最後の・・・・・うれしい出来事でした。
最高の山歩きになりました。

170711 (77)



170711 (78)


にほんブログ村
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ハクサンイチゲ咲く 初夏の谷川岳
- 2017/06/27(Tue) -
0170620 (319)


にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村   


170620 (9)


2017年6月20日 梅雨の中の晴れ間・・・どこに行こうかと考えた結果、ハクサンイチゲが咲いているという谷川岳に行って来ました。 ロープウェイで天神平に下りると、これから登る谷川岳が見えます。
あそこまで、歩くのですねー  遠いです。 初めて登った時は、秋だったので、まったく違う雰囲気な感じです。というより、前科はこここでは、霧の中の出発でした
左がトマノ耳で、右がオキノ耳 そう言えば、高速道路からも見えていました。

170620 (14)

シラネアオイ、確か、天神平で咲いているはず・・・撮影スポットのすぐ近くで、咲いていました。
そう多くはないですが・・・会えて良かったです。

170620 (23)

エンレイソウ

170620 (32)

ショウジョウバカマ、もうお疲れかな・・・

170620 (38)

目指す山頂は・・・遠いです。

170620 (40)

薄いピンクのイワカガミ

170620 (42)



170620 (51)

イワウチワ
今年初めてのイワウチワ

170620 (58)

谷川岳のイワウチワは、大きいです。  ここはまだ、春の始まりの感じですー

170620 (65)

白毛門・朝日岳方面

170620 (76)

ムラサキヤシオツツジ

170620 (78)

初めての、ツバメオモト

170620 (83)

オオカメノキ

170620 (63)

谷川岳が近づいて来た?  まだ。。。遠いです。

170620 (106)

熊穴沢避難小屋で、少し休憩です。

170620 (113)

ムラサキヤシオツツジ
花の撮影ばかりしているので、先に進めません。

170620 (121)

左側眺望。  山頂が平らな変わった形の山が見えます。

170620 (134)

ニオイコブシ あとでこの花の名前が分かったので、どんな匂いがするのか、わかりません。最初に知っていれば匂いを確かめていたと思います。

170620 (138)

熊穴沢避難小屋を過ぎると・・・岩場が続きます。
この日は、気温が高く、辛い・・・・

170620 (140)

タニウツギ  時々花を撮影しながら・・・休憩します。

170620 (143)

可愛いい  アカモノ

170620 (147)

ナエバキスミレ

170620 (152)

ウラジロヨウラク

170620 (159)

万太郎山方面がきれいに見えます。

170620 (162)

ウメハタザオ

170620 (173)

だんだん山頂に近づいてきました。

170620 (174)

ズームしてみます。
わぁー 雪渓ですねー

170620 (178)

この階段の先が雪渓になるようです。

170620 (181)

天神ザンゲ岩

170620 (190)

なぜか、私が、先頭に登り始めることになりました。  それは・・滑ったら、助けてもらおうかなと・・・いうわけではないけれど、
私が一人なので心配してくれていたのでしょうか。
ロープは、使わない方がいいとのことで、両手ストックに足に力を入れて歩きました。
割と、スムーズに登ることが出来ました。 雪の上なのか、涼しいです。

170620 (193)

肩の小屋に到着・・・山頂までは、あと少しです。

170620 (196)

肩の小屋から少し登ると、万太郎山方面の稜線が下の方に見えてきました。

170620 (201)

最初にトマの耳に行ってみます。

170620 (205)

人が多いので、写真だけ撮って、オキの耳に行きます。

170620 (206)

トマの耳から、オキの耳は、一度下って、登ります。 お目当てのハクサンイチゲは、まだ見つけられません。


170620 (208)

遠くの上越の山々には、まだ雪が結構残っています。

170620 (212)

右側は、雪で真っ白です、

170620 (214)

ミツバオウレン

170620 (230)

白いイワカガミです。 皆、一生懸命、撮影してました。

170620 (229)

やっと会えました\(^o^)/ 今年初めてのハクサンイチゲ。 そういえば。。。昨年は、会っていませんでした。

170620 (239)



170620 (298)

ユキワリソウ

170620 (247)

トマノ耳からオキノ耳までが、高山植物を撮影しながら・・・歩くと、谷川岳の山頂オキノ耳に到着です\(^o^)/
二度目ですが・・・前回はガスガスだったので、喜びは、何倍もですね。

170620 (261)

こちらは万太郎山方面。

170620 (263)

こちらは、一ノ倉岳方面?

170620 (266)

ここで、ランチタイムです。

170620 (272)

トマノ耳を見ると、山頂の後ろの山々は、水墨画のようで、素敵でした。

170620 (270)

なぜか、オキノ耳の山頂で、ランチする人は多くなく・・・撮影だけして通り過ぎる人が多い。
多分・・縦走している人が多いようでした。
自分は・・・今回は一人なので、のんびり登山なので、40分ほど、山頂でのんびりと・・・本当ならもっとゆっくりしていたい気持ちがありました。

ハクサンイチゲの中に紛れて咲いている数少ないチングルマ。

170620 (295)

下山も、ハクサンイチゲの撮影に夢中になっていました。

170620 (298)


170620 (302)

170620 (310)

岩場で頑張っているミヤマキンバイ。  こういう高山植物の姿が好きです。
170620 (333)

先ほどは、人がたくさんいたので、もう一度トマノ耳に寄ります。
ここで、一人の女性登山者と会い、 ミネウスユキソウ見た? と聞かれ、あっ!!探すこと忘れてました。
あるはずですが・・・どこにあったのでしょう。 ハクサンイチゲばかり気を取られていて、すっかり忘れてました。

170620 (342)

さあ、名残惜しいけれど・・下山しましょう。
170620 (349)


170620 (355)

下山の雪渓は・・アイゼン着けなかったら・・・やはり滑って怖かったです。
でも・・・スキーで滑ったら、楽かもと、思いました。
滑っても、崖下に落ちるわけはないので、それほど緊張しなくていいかもしれないです。
今回は、雪渓歩きの練習になりました。

170620 (365)

下山は同じ道なので、写真撮影は、ほとんどせず、しっかり歩くことに専念。
実は、下山は大変でした。 道が川のようになっていって、その上、登山道の石が滑る・・・気を緩めると・・・危ない。
かなり、慎重に歩きました。

170620 (376)

時々、振り返って・・・・
登りの時は、人は多かったですが。。。下山は人が少ない。
170620 (378)

ムラサキヤシオツツジ
170620 (390)

下山して、振り返ると、谷川岳がきれいに見えます。 
近くて良い山だと、つづく思いました。

170620 (413)


にほんブログ村
この記事のURL | 谷川岳 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
水芭蕉の尾瀬ヶ原
- 2017/06/13(Tue) -
0170606 (245)


にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村




170606 (13)

2017年6月6日水芭蕉の時季に、まだ尾瀬に訪れていなかったので、行って来ました。 尾瀬ヶ原を歩くだけでも、意外と時間がかかりそうなので、夜中に家を出て、駐車場で仮眠して朝一の乗り合いタクシーに乗ることにしました。
シーズンなのか、夜中に来る人は多いです。 乗り合いタクシーは2台目になりましたが、乗客が定員になると、すぐ発車してくれるので、ありがたいです。

エンレイソウ
170606 (39)

花を撮影しながら・・・歩いていると・・・どんどん抜かされています。

イワナシ
170606 (22)

タクシーの中からも見かけた紫の花。 なんだろう? と思っていました。 すると、鳩待峠から山の鼻に向かう道にも咲いていました。
ムラサキヤシオツツジ

170606 (28)

水芭蕉です。  尾瀬ヶ原に行けばもっと見れるはずなので・・・ちょっこと撮影して、山の鼻を目指します。

170606 (61)

至仏山です。

170606 (37)

山の鼻に到着。 朝早いので、人はまだ少ないですね。

170606 (70)

尾瀬ヶ原を歩きます。

170606 (79)

振り返ると・・・至仏山

170606 (81)

前方には、燧ケ岳が霞んで見えます。
170606 (84)

170606 (88)


170606 (130)


170606 (101)



170606 (142)

170606 (156)




170606 (170)

170606 (183)


170606 (196)

ここが下の大堀川で、水芭蕉の群生地。
撮影のべストスポットのようで、多くの人で賑わっていました。

170606 (239)


170606 (233)

170606 (203)

リュウキンカ

170606 (312)

170606 (324)

170606 (331)

逆さ至仏山

170606 (355)

170606 (386)


170606 (391)

白いタテヤマリンドウ

170606 (415)

至仏山がだいぶ遠くになってきました。

170606 (449)

ヨッピ吊橋

170606 (461)

燧ケ岳に向かって歩いて行きます。

170606 (463)

東電小屋に着きました。

170606 (514)

桜が咲き始めていました。
東電小屋でコーヒーを飲んでブレイクです。

170606 (517)

キクザキイチゲ

170606 (561)


170606 (539)

燧ケ岳がこんなに近くになりましたー

170606 (617)

木道の間が、居心地が良いみたいですねー

170606 (618)


170606 (646)

ヒメイチゲ

170606 (649)

尾瀬ヶ原の中心地、見晴に着きました。

170606 (662)

至仏山を眺めながら・・・鳩待峠の向かいます。

170606 (664)

170606 (676)

170606 (705)

後ろを見たり、前を見たり・・・どちらに向いていても、楽しめる木道の道。

170606 (720)


170606 (728)



170606 (748)

燧ケ岳遠くなってきました。

170606 (767)

至仏山にだいぶ近づいてきました。

170606 (783)

やっと山の鼻に到着です。 大勢の人たちがいました。

170606 (786)

山の鼻で花豆ソフトを頂きました。
そのあとは、鳩待峠まで、最後の登り・・・・多くの人は黙々と歩いていました。
行きに、花の撮影していて良かったです。 帰りはそういう心の余裕がなくなってきます。
鳩待峠では、乗合タクシーにすぐ乗り、人もすぐ来るので、発車は早かったので、良かったです。
天気良い中、歩くことが出来、すてきなハイクになりました。

170606 (788)


にほんブログ村
この記事のURL | 尾瀬 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
アカヤシオ・シロヤシオ 袈裟丸山へ
- 2017/05/31(Wed) -
0170523 (89)

2017年5月23日 アカヤシオ・シロヤシオ・ミツバツツジを同時に楽しめる山はどう? と誘われ、気になっていた山だったので、行くことにしました。 自分で運転して行くには、ちょっと不安な道路・・・事前にネットで調べると、道路が崩落していたようです、私たちが行く折場登山口は、4月の下旬ころにやっと開通したようです。 122号からの道の林道は、細い道が続き、途中、崩落個所の工事してました。 

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村




0170523 (1)

道の割には、駐車場はしっかりしてました。 トイレも一応あり、水道はありませんが、水を引いている場所で、手は洗えます。
しかし、平日の9時半に、到着で、もう駐車場は満車でした(;'∀')
でも、なんとか道路脇に停めることが出来ました。
こんなに大勢の人たちが来ているのかと思ったのですが。。。。山ではそれほど多くはありませんでした。
なぜなら、一人の人が多かったからのようです。

登山口からは、いきなり急坂ですが、 整備されている山道です。 

170523 (11)



170523 (14)

シロヤシオをすぐ見ることができました。

170523 (17)

シロヤシオと遠くにアカヤシオ、 同時に見ることができました\(^o^)/

170523 (21)

袈裟丸山です・・・・・・結構遠いけど・・・歩けるかな?

170523 (24)



170523 (25)

森林限界ではないのに・・・眺望の良い稜線になりました。

170523 (27)

関東ふれあいの道だったのですね。 まず、賽の河原を目指します。

170523 (34)

これから登る山を見ながらの、稜線歩きです。

170523 (39)

トウゴクミツバツツジ?
170523 (38)


170523 (44)

こんな新緑も 可愛いー

170523 (45)

賽の河原に着く前に展望台があります。
170523 (52)

この展望台、まるで岩登り感覚です(;'∀')
展望台の上から見ると、袈裟丸山の前・中・後とよく見えます。
170523 (57)


展望台から賽の河原までは、数分で到着。



170523 (65)

ここは、寝釈迦からの道と合流。 寝釈迦って英語で、Reclining Buddha??

170523 (66)


170523 (74)

賽の河原を過ぎると・・・お目当てのアカヤシオがチラホラと・・・

170523 (80)


170523 (86)

170523 (89)



170523 (93)

小丸山は、空気が澄んでいれば、眺望はきっと良いのでしょうー

170523 (99)

小丸山には多くの人がいました。 皆、袈裟丸山へ行こうかどうか悩んでいる様子。
私たちも悩みました。 袈裟丸山まで行くには、小丸山をかなり下りて、そして急登があるのです。

170523 (105)

結局、時間があまりないので・・・
避難小屋のある場所で、ランチをしました。  ここは白樺の林がきれいな場所でした。
ジンギスカンやノンアルコールビールを飲んだりして、1時間以上ものんびりとしました。

170523 (115)

下山は・・・登り返し・・・
ちょっとアカヤシオが寂しいけれど・・・袈裟丸山を背景に撮影しました。

170523 (159)

途中で、鹿に2回ほど遭遇。 遠くの方で、草を一生懸命食べています。

170523 (180)


170523 (161)



170523 (192)

谷側は、まったく、木がないので、転んだら・・・止まらず、落ちて行きそうです(;'∀')

170523 (221)

今回は、残念ながら袈裟丸山まで行けませんでしたが・・・いい稜線歩きです。

170523 (224)

上の方のシロヤシオは、まだ、咲いていなかったのですが・・・下の方は咲いていました。

170523 (230)

登山口に着くと、車は、数台だけしかありませんでした。 私たちは登るのも遅かったですが・・・下りたのも遅い方だったようです。
帰りの道路には、落石した石が数個・・・車に落ちる可能性もあると思うと、怖いです。

170523 (241)


にほんブログ村
この記事のURL | 袈裟丸山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ